作品/資料詳細

ID : 1
ID : 1
  • 01 / 04PICTURES
  • 02 / 04PICTURES
  • 03 / 04PICTURES
  • 04 / 04PICTURES

洛中洛外図屛風(絵画)

らくちゅうらくがいずびょうぶ(かいが)

洛中洛外図は京都の市街(洛中)および郊外(洛外)の寺社、旧跡、市街地の人々の行き交う姿や、その生活や年中行事などを俯瞰する風俗絵画。雲などによりスケールを調整する場合もある。成立は室町時代後期とされ、江戸時代を通して大名などが盛んに絵師に描かせ京都への思いを馳せた。

VIEW ALL

  • 文化財指定
  • カテゴリー
  • 作者
    伝 岩佐勝重
  • 製作/発行
  • 年代
    江戸時代前期
  • 区分
    屏風
  • 寸法
    [本紙]右隻W3622×H1560、左隻W3622×H1564/[屏風]右隻W3774×H1716、左隻W3772×H1720
  • 数量
    1
  • 備考
  • 所蔵館
    金沢市立安江金箔工芸館
  • 資料ID
    1
拡大して見る
洛中洛外図屛風(絵画) 作品画像
洛中洛外図屛風(絵画)
[所蔵館] 金沢市立安江金箔工芸館
[作者] 伝 岩佐勝重
[カテゴリー] 美術・工芸

カテゴリー

ARなど一部コンテンツは一定量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社の回線を使用した場合は通信量が発生します。スマートフォンやタブレットでご鑑賞の場合は、Wi-Fi環境でのご利用を推奨します。また、発生したデータ(パケット)通信費用について、本サイトは一切の責任を負いかねます。