作品/資料詳細

ID : 3
ID : 3
  • 01 / 02PICTURES
  • 02 / 02PICTURES

白山白馬図屏風(絵画)

はくさんはくばずびょうぶ(かいが)

白山とそこに佇む二頭の白馬と小鳥、高山植物などを金屏風に描いた資料。
玉井敬泉は「白山の画家」と呼ばれるほど白山をモチーフとした作品を描き、度々、写生登山もしているが、必ずしも実景を忠実に描写するわけではなく、白山からイメージした作品も数多い。画面全体が乳白色なのは、金屏風に正絹を貼り付け、その上から彩色しているため。鳥については九官鳥らしきものも登場するが、詳細については不明。

VIEW ALL

  • 文化財指定
  • カテゴリー
  • 作者
    玉井敬泉
  • 製作/発行
  • 年代
    大正~昭和時代
  • 区分
    屏風
  • 寸法
    [屏風]右隻W3590×H1715、左隻W3590×H1715
  • 数量
    1
  • 備考
  • 所蔵館
    金沢市立安江金箔工芸館
  • 資料ID
    3
白山白馬図屏風(絵画) 作品画像
白山白馬図屏風(絵画)
[所蔵館] 金沢市立安江金箔工芸館
[作者] 玉井敬泉
[カテゴリー] 美術・工芸

カテゴリー

ARなど一部コンテンツは一定量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社の回線を使用した場合は通信量が発生します。スマートフォンやタブレットでご鑑賞の場合は、Wi-Fi環境でのご利用を推奨します。また、発生したデータ(パケット)通信費用について、本サイトは一切の責任を負いかねます。