作品/資料詳細

ID : 1585
ID : 1585
  • 01 / 01PICTURES

金沢江戸上り下り泊附放射里程図

 金沢から江戸日本橋の間にある各宿場間の距離を記す表。加賀藩の兵学者・有沢永貞(1638~1715)が原図を作成したとされる。各宿場を網の目状に直線で結ぶことによって、自在に宿泊地を選んで旅程を組むことができ、どのコースを通っても9泊10日または11泊12日で終えられるよう工夫されている。加賀藩には有沢作の同図が複数伝来しており、藩内で写しを作って活用していたと推測される。

VIEW ALL

  • 文化財指定
    石川県指定文化財
  • カテゴリー
  • 作者
  • 製作/発行
  • 年代
  • 区分
    古文書
  • 寸法
    絵図、40.2×56.8cm
  • 数量
    1
  • 備考
  • 所蔵館
    前田土佐守家資料館
  • 資料ID
    1585
金沢江戸上り下り泊附放射里程図 作品画像
金沢江戸上り下り泊附放射里程図
[所蔵館] 前田土佐守家資料館
[作者]
[カテゴリー] 歴史

カテゴリー

ARなど一部コンテンツは一定量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社の回線を使用した場合は通信量が発生します。スマートフォンやタブレットでご鑑賞の場合は、Wi-Fi環境でのご利用を推奨します。また、発生したデータ(パケット)通信費用について、本サイトは一切の責任を負いかねます。